- 肩こり

肩こり

肩こりはどうしようもないと考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、肩こりの要因を把握して、手軽に日常生活でできる予防法をマスターすると、肩こりも心配ありません。
肩こりを無くして、快適なスッキリした毎日を送りましょう。

肩こりの要因

筋肉の疲労

肩こりの始まりは、人が立って歩くようになったことであると言われています。
というのは、肩から首の筋肉で重い3kg~4kgもの頭をサポートしているためです。
肩こりを予防するためには、軽い運動などを普段から行って、首から肩にかけての筋肉をトレーニングしておくことが必要です。

寒さ

寒い冬のシーズンは、よく運動不足になったり、姿勢が縮こまったりするため、血流が悪くなります。
そのため、肩や首の筋肉を体を意識して動かして柔らかくしましょう。

目の疲れ

目の疲れから、肩から首にかけての筋肉がよく凝ります。
目をパソコンを使用するなどで酷使している場合は、目を可能な限り休めるようにしましょう。

姿勢が悪い・姿勢が同じ

パソコン操作、読書などで姿勢が前かがみになっていると、最もよく頭の重さを受け、姿勢が同じ作業は、常に肩の周りの筋肉が緊張し続きます。
休みを適度に取って、首や肩の筋肉をストレッチしましょう。

ストレス

特に、女性は肩こりをストレスのために訴える人が多くなっています。
ストレスを趣味やスポーツなどで発散しましょう。

肩こりの予防法

肩こりを予防するためには、ビタミンを摂りましょう。

筋肉の疲労を無くすビタミンを摂る

肩こりの要因が肩の筋肉の疲労の場合は、十分にビタミンB群の中の特にビタミンB1を摂りましょう。
ビタミンB1は、エネルギーに糖質を変えて神経や筋肉に供給するので、肩こりを予防するためにも十分に摂りましょう。
これ以外に、エネルギーをタンパク質から作るビタミンB6や神経が作用するために大切なビタミンB12なども、肩こりを予防するために大切です。

血行を改善するビタミンを摂る

血行障害が、肩こりの一つの要因です。
ビタミンEは、血行を改善する作用があります。
十分にビタミンEを摂れば、筋肉が活動するために大切な酸素や栄養分が運搬され、肩の筋肉の疲労が軽くなります。
このように、ビタミンB群とビタミンEを摂ると、肩こりを予防することができます。


肩こりの場合は、専門家による治療をオススメします。

京都府東山区の整骨院では、患者さんの症状に合わせた治療を行っています。
お気軽にご来院ください。


アクセス情報

所在地

〒605-0026
京都市東山区古川町546-1 古川町商店街内

地下鉄東山駅徒歩2分

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

土曜午後・日曜・祝祭日・年末年始・お盆

ご予約について

当院は予約優先制となっております。