- 側彎症

側彎症

ウエストの太さが違う、背骨が曲がっている、骨盤や肩の高さが違うなどの見た目に大きな特徴がある側弯症は立ち姿の悪さだけでなく悪化すると腰や背中の痛みや心肺機能に影響が出る場合があります。

当整骨院でも治療の対象になっている側弯症について解説します!

側弯症とは?

側弯症は正しくは「脊椎側弯症」といい、背骨が側方に曲がってしまっている状態を言います。背骨はよく「まっすぐ」と表現されますが実際には首から腰にかけて縦に緩やかにカーブしています。

側弯症は横にカーブしている状態で、小学生の高学年から中学生の女子に多いですが軽度の湾曲であれば特に症状もなく検診などで指摘されるケースも多いです。

湾曲の程度が大きいと肩の高さや骨盤・ウエストの高さが左右で違う、へその位置が中心にないなどの見た目の症状の他に肋骨が歪み肺や心臓を圧迫し心肺機能の障害を引き起こす場合があります。

側弯症の原因

脊柱側弯症の原因ははっきりと分かっておらず約8割が特発性側弯症です。しかし成長する過程の環境要因などが側弯症の発症に大きく関与していると考えられています。

姿勢の悪さや長時間同じ姿勢での作業

姿勢が悪さは背骨や骨盤の歪みを引き起こす原因になり慢性的な肩こりや腰痛を引き起こす要因でもあります。

姿勢が悪くなると背骨周辺の血流が悪くなり筋肉が硬直してしまいます。また発育の途中に悪い姿勢をすることで背骨は横に歪みやすくなってしまいます。

成長期のスポーツ

小学生や中学生の時期の部活動などでの激しいスポーツで、過度に背骨に負担がかかると側弯症のリスクが高まることが分かっています。

成長期は骨もまだ柔らかいためスポーツ障害を起こす要因にもなりますので練習前後のケアが大切です。

側弯症の改善法

側弯症の症状が軽度の場合は、整骨院での治療やコルセットを着用するなどさまざまですが、背骨がかなり湾曲している場合には手術の適応となります。

では改善のためにはどのようなことを心がければよいのでしょうか?

姿勢の改善

まずは正しい姿勢になるように日常生活でも意識してみましょう。姿勢が悪いと側弯症の原因にもなる椎間板ヘルニアや腰椎すべり症のリスクも高まりますので、正しい姿勢を意識してみましょう。

ストレッチ

背骨を意識したストレッチは背骨付近の筋肉のコリや骨の歪み解消に効果が期待できます。また、ストレッチによって血行もよくなりますので肩こりや腰痛の改善も期待することができます。


東山三条整骨院では整体で骨の歪みを調整することで側弯症の症状の改善を行っています。

肩のラインや骨盤のラインが合わず、ファッションが楽しめないといった方にも施術をオススメします!
まずは一度お気軽にご来院ください!


アクセス情報

所在地

〒605-0026
京都市東山区古川町546-1 古川町商店街内

地下鉄東山駅徒歩2分

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

土曜午後・日曜・祝祭日・年末年始・お盆

ご予約について

当院は予約優先制となっております。